牛窓の魅力を

  • HOME
  • 牛窓ガイド

アウトドア・アクティビティー

セーリング

セーリング

牛窓には、西日本有数の規模を誇るヨットハーバーがあります。
海の大好きなヨットマンのホームポートとして、
セーリング競技に熱中する学生たちののベースとして、
1年中、陽に焼けた人たちが集います。

● 牛窓ヨットハーバー

ヨットセーリングが楽しめるペンション

アルバトロス

KUROSHIOMARU

クロワッサン

そのほかヨットセーリングの楽しめるところ

牛窓クルージングクラブ

シーカヤック

シーカヤック

牛窓界隈の穏やかな海で遊ぶのにもってこいの乗り物が
手漕ぎのボート、”シーカヤック”
周辺にある小島をシーカヤックで渡り歩くと
ちょっとした冒険気分が味わえます!!
 

シーカヤックが楽しめるペンション

牛窓シーカヤックス (ペンションくろしお丸内)

そのほかシーカヤックの楽しめるところ

牛窓ウォータートレイル

フィッシング

フィッシング

海辺の街の定番。1年中、町内の至る所で釣り糸をたれる人の姿が絶えません。
カジキマグロみたいに大型の魚はいませんが、
瀬戸内の小魚は、ほんとに美味しいですよ。
季節の旬の味を釣り上げるには、地元民に聞くのが一番。
ペンションオーナーに気軽に声をかけてください。
とっておきのポイントを伝授できるかもしれませんよ!
 

サイクリング

サイクリング

穏やかな瀬戸内の海を眺めながら、潮風と共にペダリング。
牛窓は小さな街なので自転車で散策するにはちょうどよいかも?
海辺を巡ることはもちろん、古い町並みの路地を行ったり、
フェリーで5分の前島に渡って瀬戸内の離島気分を味わうのもなかなかです。

 

瀬戸内市観光センター きらり館 / 0869-34-5250

前島フェリー(牛窓町緑の村公社)

体験陶芸

寒風陶芸の里

寒風陶芸の里

有名な備前焼のルーツとされる「須恵器」がその昔焼かれていたのが、
牛窓の北側に位置する寒風陶芸の里周辺です。
寒風陶芸の里周辺は遺跡発掘に伴いきれいに整備され、
周辺には複数の窯元があります。一般の人が陶芸を体験できる窯や
資料館も併設されています。

土ひねりが楽しめるところ

長浜焼ギャラリーぶる~れ / 0869-34-5526

備前焼ギャラリー若宮 / 0869-34-6580

寒風陶芸会館

ペンション村から行ってみよう

牛窓オリーブ園

牛窓オリーブ園

瀬戸内海を一望できる小高い丘の上にある牛窓のオリーブ園。
丘陵全体、約15haにわたっておよそ2000本のオリーブが植えられています。
頂上には展望台やギフトショップもあります。

オリーブの淡黄色の花の芳香が漂うのは、6月初め、
実の収穫は11月はじめ頃で、収穫期にあわせて、
毎年オリーブ収穫祭が催されます。

ふもとの海辺から頂上付近までは、歩いて約1時間。
上り坂もそんなにきつくないですから、
のんびり瀬戸内の多島美を眺めながら散歩するのにおすすめです。
もちろん、車でも上がれます。

● 日本オリーブ株式会社

海遊文化館

海遊文化館

牛窓の秋祭りで町内を練り歩く、だんじりとしては異色、
船の形をした「竜頭の船形だんじり」や
江戸時代朝鮮通信使の寄港地だった牛窓の歴史を伝える
貴重な資料が展示されています。

●海遊文化館---------
営業時間:9:00-17:00(入館時間は16:30まで)水曜定休
入場料金:大人300円・学生(小・中・高)150円
電話:0869-34-5505

牛窓ジェラート工房コピオ

牛窓ジェラート工房コピオ

自家牧場の絞りたてミルクから作られるジェラート。

定番のいちごやメロンに加えてスイカや栗など
四季折々の味が入ったものもあります。

牛窓の特産品オリーブ味ももちろんラインナップ。
ミルクと牛窓の大地の恵みがたっぷり入ったジェラートは
一度食べたらやみつきになります。

●牛窓ジェラート工房コピオ
営業時間:12:00-17:00
(数に限りがあるので売り切れた場合は時間内でも閉店)
月・火曜定休

てれやカフェ

てれやカフェ

ペンション村から牛窓のメインストリートを東に向かい、
最後の信号の手前にあるのが古民家をそのままカフェにした”てれやカフェ”

「古き良き牛窓の未来??」といった感じは、
アメリカからやってきたテレサさんの作るケーキの味にあらわれていて、
とにかく絶品です。

●てれやカフェ
営業時間:11:00-18:00(金・土-20:00)火曜定休
電話:0869-34-5397

玄米食堂 楽土館

玄米食堂 楽土館

ちょっと、相当、かなり、わかりにくい場所にある自然食の食堂”楽土館”。
以前は町内の別の場所にあったのですが、移転されて今は
牛窓海水浴場の近くにあります。

ところがこの移転先、印をつけた地図片手でもたどり着けない人がい るぐらい
ほんとにわかりにくい場所になっています。
ただ、がんばってたどり着いたら、出てくるご飯は、探し求めるだけの
価値がある一品です。

自然食、菜食という言葉からは、栄養価や安全性に主眼がおかれていて、
味は二の次などというイメージがあるかもしれませんが、
こちらの定食を食するとそんなイメージはきれいに払拭されてしまいます。

●玄米食堂 楽土館
営業時間:11:00-18:00 月・火曜定休
電話:0869-34-6026
 

かまぼこ屋 中光商店

かまぼこ屋 中光商店

新鮮な魚のすり身を使った練り物の製造直売店。
食感が驚くほどぷりぷりの天ぷらやかまぼこは、
そんじょそこらに売ってるものとは全く違います。

海辺の町の地の利を生かしたこちらの練り物は、
おみやげにすると喜ばれること間違いなしです。
牛窓のメインストリート沿い、ホテルリマーニの向かいにお店はあります。

●かまぼこ屋 中光商店
営業時間:9:00-18:00 水曜定休
電話:0869-34-2159